ホルムアルデヒド

僕のこころ

久しぶりに心が安心してる

びっくりするけどすごい

心に余裕がある感覚を久しぶりに感じた

すごいすごい

超いい感じ

気分もいいしなんでも許せちゃう

すごいすごい

 

これが一晩寝たら消えちゃうのもすごいすごい

惜しいけどサヨナラ僕の安心

次はいつ会えるか分からないね

会えるといいね

ぐーぺこな僕が私の思考を食べる

サンプルを取られた私は呆れる

僕はペコペコが収まらないからもっとくれと言う

私はお前になんかやらないと言う

 

僕は好きを知らないからサンプルを食べてもペコペコなままらしい

私はサンプルを大事そうに隠してグーグー言う僕を睨む

僕はどこにサンプルが隠されたのか考えながら自分の指をちゅーちゅーする

 

僕のお腹はグーグー言う

私はそれを見て「君の心がぐーぐーいってるね」と言う

僕はお腹をさすってぐーぐー!と言う

私はしぶしぶ幸せな記憶のサンプルを舐めさせてくれる

僕はサンプルをしゃぶりながらちょっと口でモゴモゴした

私は「駄目!」と叫ぶ

僕はサンプルをもぎ取られてまたペコペコに戻った

私は僕から取り上げたサンプルを大事そうに服の裾で拭きながら僕は頭がおかしいねと言った

 

僕はしばらくして満腹になった

僕は本来そこにあるべきものではないものをペコペコに詰めた

私は泣きそうな顔をしてた

僕はスカスカになったお腹に外から持ってきた優越感を詰め込んだ

私は何かに押しつぶされそうになりながら泣きそうに潰れてた

僕はお腹いっぱいでグーグー言わなくてパンパンになった

私は「助けて欲しいの」と言った

僕は知らなかった

私は少しずつ上に乗っかった塊を分解していく

僕は本当は知っていた

私は分解しきれなかった塊で呼吸が出来なくなっていく

僕は満腹でグーグー言ってないのに息が苦しくなってきた

私は「もう無理なの」と言う

僕は仕方なくその塊を地面に埋める

2人で一緒にその塊を無かったことにする

その塊はペコペコを満たす材料にしてはいけない

その塊をペコペコに押し込むと僕は壊れてしまう

勝手にペコペコが塊になることはあっても、僕が進んで食べることは無い

 

私が塊の処理をし終わってフラフラしてる

僕は忙しい

私は手紙をくれる

僕はそれを読んでから捨てる

そしたら私はまた僕に手紙を送る

僕はそれを読んで捨てる

私は仕方なくサンプルのラベルを僕に見せる

僕はそれを見ながら忙しく情報を処理する

その間、私はふてくされた顔をしている

 

僕は忙しさから解放される

私は眠る

僕はぐーぺこに気がつく

私は知らんふりをする

僕は必死にあたりを探し回ってゴミサンプルを食べる

私はまた少しずつ膨らんでいく塊の下で「何もせずに眠りたいの」と言った

僕はぐー!と言った

 

 

 

僕はペコペコが収まらなくて苦しいからご飯欲しいと言った

私も「温もりが欲しい」と言った

僕は後悔した

私は欲しい欲しいと駄々をこねる

僕は結局欲しいようなご飯が貰えなかった

私も温もりの代わりに塊をもらっていてまた潰れていた

もうペコペコでグーグーで動けなかった

私も潰れて動かなかった

僕はスッカラカンと言った

私は「苦しい」と言った

 

 

あっさりしている

非常にあっさり

欲しかった密着した関係は築けない

塩味なんて1番味気ないのに

 

僕は想像力が乏しい

だから面白いものが生まれない

または生まれるのにものすごく時間がかかる

普通にものを見てたんじゃ誰でも考えつくようなつまんないものしか生まれない

それじゃ生きていけない

 

羨ましい
君の想像力

隣の子の能天気なところ

向こうの子の落ち着いた姿勢

あの子の表現力

この子の余裕

その子の作品
全てに嫉妬する度自分がいかに空っぽかを知る
もっと頑張らなくては
また置いていかれる

僕は焦っているのにみんな全然焦ってなくて

むしろ余裕そうな顔してて

毎日楽しそう

 

大切なことを教えてくれる大人は一握りしかいない

この世界には面白い人間とつまらない人間がいる

ほとんどがつまらない人間で僕もつまらない人間側だ

面白い人間はほんの少ししかいない

そういう人が大切なことを教えてくれる

質問の本当の答えを教えてくれる

僕が今までに出会った面白い人は何故かみんな少しズレた世界にいた

目を合わせてくれない

意味のわからないところに疑問を向ける

折れない自分があり、正直

でも大事なことだけはちゃんと僕に渡してくれる

同情なんかでものを言わない

暴言でも本音しか言わなかった

 

向き合っても向き合っても特に大した情報が得られないことがある

本当に無駄だと思う

だから僕はあまり人と話さない

話すこともないし聞くこともない

本当に聞きたいことがあればちゃんと僕から話しかけるし、質問しに行くから

 

本当に何もかもが歪で難しい

ワンクリックで全て解決して欲しい

ワンクリックで脳内を全てデータ化したい

僕の脳もSDカードやUSBメモリみたいに出したり入れたり、別のところにコピーとったりできたらいいのに

 

もっともっともっともっとたくさんの情報を組み合わせて望まれるものを作らないといけない

頭を柔らかく、指先と目に集中して作業しないといけない

0.001mmでもズレは許されない

 

夢見るには到底及ばない

どの口が言ってんだゴミって言われても、そうだね、としか言えない

それでもまともに就職するぐらいはしたい

 

何も手に入らない

試しても押しても引いても満たされない

恐怖心と見捨てられ不安が押し寄せてどうしていいか分からなくなる

でもよく考えたらクズだから見捨てられても当たり前で恐怖心も、この世界がそれだけ怖いってことだから仕方ない

 

何もかも人のせいにしてるだけで全ての原因は僕にある

そう思う

自分が悪い可能性を考えてみたら案外そういうのってポロポロ出てくるから仕方ない

いい子になりたい

人の気持ちをもっとわかりたい

普通に見えるように過ごしたい

 

もっとボロボロになればいい

そしたらまたなにか生まれるかもしれない

もっともっと泣けばいい

満たされない現実に毎日絶望して怯えればいい

そうやってこの世界を理解して苦しめばいい

誰かが助けてくれるかもしれない、なんて希望は捨ててしまえばいい

誰も助けてはくれないんだよ、気づいてたでしょ

結局みんな、自分が大事だから人のことまで助ける余裕ないんだよ

納得した?

 

待ってても救世主は来ない

僕は私が嫌い

私も僕が嫌い

僕らはお互いに一人ぼっちで

これからもいろんなことを感じながらお互いの首を絞めて生活する

和解できる日が来ればそれはそれでハッピー

マージできればもっとハッピー

 

だからもっと傷ついて孤独を感じて下さい

いつ心臓が止まるかわからないから

まだ暖かい言葉をしっかり握りしめてまだしばらく絶望の淵を歩いてください

 

 

 

 

ほんとにしんじゃった

ねえどうしようか

本当に伝えに来たんだね

僕が夢から覚めて忘れないようにわざとあんな伝え方しに来たんでしょ

それでもありがとうって思って擦り寄って来てくれたんでしょ

やっぱり上手くいかないもんだと思った

よく生きたと思うよ

しょうがないと思うよ

それでも僕は諦められない

でもきっと寂しくないね

待っててくれてるんでしょ

僕は寂しいよ

 

何回も励ましてくれて傍にいてくれて

綺麗な目で僕を叱るの

柔らかくてあったかくて

あの瞬間がいかに幸せであったかを今更知った

 

もう僕の心が冷えてどうしようもなくなっても抱きしめられないんだね

そばにいてくれるのかな、僕の事なんか知らんぷりするかな

 

ねえ、もう1個だけわがまま言わせて

落ち着いたらまた会いたいよ

僕が自らそっちに行っても迎えに来てくれないでしょ

だから会いに来てよ

夢でもいいから触りたい

 

全部全部大好きでした

ごめんね

この涙を全部あげるから、幸せな記憶とともに無事合流してください

 

いつまでもこのままじゃきっと笑われちゃうから

僕も頑張って生きてみるから

ちゃんとそこで見てて

 

頭に箱を被って、僕に擦り寄ってくるの

鼻のあたりだけ湿ってるのを感じる

自分の物にするように頭を擦り付けてくるの

かぶってたらせっかくの顔が台無しだから

取ろうと思ったけど、取ってはいけない気がしてそのままにしてた

繰り返してるうちに箱に血が滲んできて

何かおかしいと思って箱をとった

そしたら口が抉れたあの子がいて

その口にはティッシュが噛ませてあった

何故か僕はそのティッシュを剥がした

あの子は閉まらない口をそのままにして部屋の中を歩き回ってた

 

体調どう?なんて聞けるわけない

ただの夢かもしれないし、ちゃんと伝えてねって言ったからそれかもしれない

妙に生々しくてこの前見た時みたいに1回も鳴かなかった

呼吸も荒くて歩くのもしんどそうで

でも寂しくはないと

あの子を待ってる君がいるから

でも僕は寂しいって

そんなの仕方ない私は眠いって

 

どうかなあ

きっと冬まで持たない

いつ終わってもしょうがない

元気になった、はあてにならない

体が元気そうに見えても心臓は弱り続けてるから

もう少しだけここにいて欲しいってそんなのは僕の勝手だけど

それでも時間が惜しい

時間は命、命は時間

 

どうか、僕のためにもう少しだけ時間を置いといてはもらえませんか

 

誰かを独り占めしたい欲が止まらないの

求めすぎたら殺されちゃうの知ってるのにやめられないの

だって怖い

存在の意味がなくなる

放っておかないで

僕の事考えて、無視しないで

望むなら服従もするからお願い

腹ぺこだから満たしてほしい

欠片でもいいから欲しい

早く僕を笑わせて

お願いお願いお願いはやく

僕のactiveは何処にいるの?

自殺ルートを阻止できる君はまだ死んでない?

眠ってるだけなの?

それともルート変更できなくて死んだの?

ねえ腹ペコだからはやくはやくして

僕を見つけて

空っぽな器にたくさん詰め込んでいっぱいにして欲しい

ただの人形だから