ニトログリセリン

僕のこころ

僕は君を許しません。絶対絶対許しません。ずっと好きでした。こういう人なんだって我慢もしてました。それでも好きでした。でも君はとんでもなく嘘つきでした。みんな気づいてなかったけど嘘つきでした。大きな嘘も小さな嘘もたくさん吐かれました。それが重なって綺麗な思い出では隠せなくなってしまった。それでも僕は君が好きでした。どういう意味で好きだったのかは分からないけど、とにかく好きでした。それでも君は僕のことがあんまり好きじゃなかったんだろうなあ。僕といない時の方が楽しそうでした。君が辛い時はいっぱい話を聞きました。嬉しそうな時は一緒に喜びました。愚痴もいっぱい聞きました。約束もいっぱいしました。その約束は全部破られてしまったけど、その覚悟もしていました。それだけ僕はこのろを共にしていたつもりだったのに離れていくばっかりで、悲しくて寂しくてどうしようもなかった。一人で行って1人で帰って寂しかった。僕は何を間違えたのかよく考えたけど分からなかった。

 

ねえどうしてですか。最初に君を信じられなくなった時、どうしてあんな嘘ついたんですか。言いにくかったから他人を犠牲にしたんですか、それで許されると思ったんですか、どうして避けるんですか、教えてください。

 

もうきっと2度と会わないけど。

僕は絶対忘れないからね