ホルムアルデヒド

僕のこころ

僕は誰かに忘れられることが怖いです

何の跡も残せないのが怖いです

そのうち忘れ去られるなんて、おかしいと

そうは思いませんか

僕がずっと恨み続けて憎んで、一生忘れないのに君は僕のこと忘れて楽しそうに過ごしてるなんて許せない

僕のことをなかったかのような言い方したり、僕が邪魔なんだってことを思い知らされるのが怖い

僕の世界で、僕がいないなんてそんな恐ろしいこと絶対に起こらないのに、他人の世界ではそれが普通に行われる

不要になったら僕は消される

そんな悲しいことばっかりですね

 

誰かに僕を残したい

僕の爪痕を残したい

誰かを傷つけたい

僕が残るように傷つけたい

あの時つけた傷ももう忘れてしまったんでしょ

だったらもっと痛いのしてあげるから

だから僕の事忘れないで

「ああ、そんな奴いたなあ」なんて悲しい事言わないで