ホルムアルデヒド

僕のこころ

死にたいって言ったり生きたいって言ったり

結局どっちかわからない

どっちが得か、決められないから

結局誰かに「死ね」って言われたらそっちに傾くし「生きろ」って言われたらこっちに傾くんだと思う

自分と他人の境目が曖昧で、人の気持ちに異常なほど感情移入してしまう

だから「自分」というものを作るためには人との関わりを断つ必要があるんじゃないかと

そう思い始めた

将来やりたい事も無くて、なんの才能もなくて、ただちょっとだけ、頭も悪いし運動もできないから絵ならかけるんじゃないかなって

そう思っただけ

 

正直やりたいことではないし、失敗だと思う

画力も無ければセンスもない

文章書くのは好きだけど、それもセンスがない

まとめる能力も人を惹きつける語彙力も無い

面白さが分からない自分に面白い文がかけるわけが無い

 

でも生きていくためには仕事しないといけない

何にも自信はないのに何とかして生きないといけなくなる

きっと就職できなかったらいろんな人にがっかりされる

長女で初孫ってものすごく得だと思っていたのに今ではそれが最大の重荷になっている

僕がみんなのお手本になるように、しっかりした人間にならないと、母は恥をかくし祖母もがっかりする

誰にも愛してもらえなくなる

僕の心が生きるために、僕自身は殺さないといけなくなる

 

頑張らないと余計苦しくなる

本当の気持ちに蓋をして、見なかったことにして、自分で自分を騙すしか方法がない

 

 

 

僕は指示待ち人間で何も出来ない

満足になにか出来たことがない

自分が今日食べるご飯も決められないくらい決断力が無い

夢も希望も何も無い

人を信じられない

怖くて本心で話せない

 

でも死ぬのは怖い

生きるのも怖い

自分の終わりも決められない

 

自分の人生なのに決められないの?って思うかもしれない

でも僕にはそれが出来ない

当たり前ができない