ホルムアルデヒド

僕のこころ

駄目、無理、意味が無い

こんなの意味が無い

味方なんているはずないの

そんなの知ってたの

全部捨てても何も変わらないの知ってた

ほらまたこれ以上傷つくのが怖くて遠ざかろうとしてる

また終わりなの?

知ってるの

僕だけ見てくれる人じゃないと安心できないの知ってるの

全部空想かもしれない

妄想かもしれない

それでもいいの?

分からない

僕は一つにまとまれない

空っぽになったら誰か中身を注いでくれますか

 

 

 

みんなみんな人形が欲しいだけ

思い通りになる駒が欲しいだけ

僕が異常なほど他人に感情移入してしまうのは「人の気持ちにを考えなさい」「自分がされたらどう思うか考えなさい」ってよく言われながら育ったから

僕が異常なほど愚痴のはけ口にされたり相談事されたり揉め事の間に挟まることになるのは僕がほかの人に比べて圧倒的にイエスマンだから

間違ってると思っても全部「そうなんですか、酷いですね」って言うから

僕がどう思ってるかより相手が喜ぶ返答を考えるから

だから僕にぶちまけて、僕がそれに賛同することで自分が間違ってないことを確認したいんでしょ

揉め事の間によく挟まることになるのはどちらのことも悪く言わないからでしょ

敵にも味方にもならない一番卑怯な位置にいつまでもいるからでしょ

 

 

僕には僕がない

他人の評価が自分自身だから

だから自分の意志よりも他人を優先する

これまでそうやって生きてきたから

他人からの評価が気になるから本音は言わない

相手の顔色次第で態度を変える

がっかりするほど臆病で卑屈

自分のマニュアルにないことが起こったらどうしたらいいか分からなくてあたふたする

こう言われたらこう言えばいい

こういうことが起こればこうすればいい

そういう感じ

頭の中にある生きるためのマニュアル

今まで生きてきて学んだことが書いてある

僕はその通りに動いてるだけ

自分の身分をわきまえて死骸みたいに転がってるだけ

 

期待通りじゃなくてごめんね

明るくなんてなれなかった