ホルムアルデヒド

僕のこころ

自分を知れば知るほど絶望していく

欠けているものを知る度に最低な人間だと思い知る

なんの意味もわかっていない

何も解決しない

自分で幸せになる能力がないから他人に期待して何度も裏切られる

嫌い、の感覚はわかるのに

好き、の感覚は分かってない

人間への「好き」の感触が分からない

もしかしたら今まで僕が好きって言ってた音楽や本なんかも、本当は好きって感覚じゃなくてもっとほかの何かなのかもしれない

 

もしかして自分を好きになれないと他人を本当の意味で好きにはなれないのかもしれない

それなら僕の未来は本当に絶望的でつまらなくて悲しくてどうしようもないものになるんだろう

 

こんなに苦しくて生きづらくて、それなのにどうにもできないのがしんどい

思った以上に僕は空っぽで何も詰まってない

申し訳ない

僕にはなんの価値もなさそうだ

今まで優しくしてくれた人に申し訳ない

いっそ罰として僕に思いっきりありとあらゆる罵声を浴びせてほしい

欠陥品は死ねって言われてもおかしくない

打算的な考え方しかできない

それ以外で判断する術を知らない

0か100かの考えは違うの?

自分の感情がわからない

これが自分の感情なのか相手の感情なのかの区別もつかない

誰のために悩んでるのかもわからない

何もわからない

 

最低で何の価値もない私を許してください

たくさんの人にいろんな感情を貰ったはずなのにどの温度も覚えてなくてごめんなさい

不確かな感情で言葉を吐いてごめんなさい

何の意味もわかってなくてごめんなさい