ホルムアルデヒド

僕のこころ

堕ちればいい

みんな僕と同じレベルになれば平等だから

 

本当に自分勝手極まりない

 

結局女の子とデートするにも服には気を使うしノーメイクは厳禁らしい

なんとも難しい

 

冷たい空気

代わり映えのしない道

冷たい人

冷たい目

嘲笑うような視線

暑苦しい呼吸

肩にのしかかる知らない体重

 

気持ち悪い

頭が痛い

僕のことを利用している人と何故か一緒にいる

嘘くせえなあと思いながら気を使う

つまらないと思うなら離れていけばいいのに

あいつと同じように僕を捨ててみろよ

そんな勇気はないみたい

 

自分の頭と向き合っていいバランスと納得いくパターンを導き出す

やりたいことは無い

やりたいことが分からない

今やってるのは全部、これからどうやってお金を稼ぐのか習っているだけだ

生きる術を学んでいる

 

つまらない

何がつまらないって僕自身が一番つまらない

死に損ないだ

楽しくない

楽しめない

必要性を感じない

特に何も無いのに話しかける意味は?

何もなければ沈黙でいいと思うのは僕だけなのか

沈黙は苦しいものなのか

僕には落ち着くんだけどなあ

 

でもみんながみんな僕みたいに必要最低限しか話さなかったら超つまんないだろうね

自分の枠にみんなが当てはまれば僕は浮かなくなる

でもつまんなくなる

個性が消える

いろんな人がいるから面白いんだろうな

 

信じられないから虚しい

全部嘘に聞こえる

本当はどうなんだよって思ってしまう

許せない

 

難しいことだらけだ

脳の空きスペースが残り少ない気がする

考えても考え足りない

何をすれば楽しく過ごせるのかわからない

全てが苦しい気持ちを落ち着けるためのものになっている

難しい